一番信頼できる家族に家族信託を任せよう!

相続で損をしたくない

女性

専門家に相談する

人が亡くなると同時に、自動的に相続が開始します。目ぼしい財産がほとんど残されておらず、借金ばかりが残されているというケースも決して珍しくありませんが、その場合は相続放棄という方法で対処することができます。気をつけなくてはならないのは、高額の財産が残されている場合です。血が繋がっているというだけで棚ぼた式に遺産を受け取ることができるのですから、大喜びする人は少なくありません。ただし、遺産の評価額が課税控除額を超えている場合は相続税の支払い義務が生じます。遺産の評価方法や分割方法によって相続税の額が大きく変わってくる可能性がありますので、税金のプロである税理士に相談してみるのが一番です。大阪では遺産相続の際に税理士を利用したいと望む人が増加してきているため、大阪で営業する税理士事務所の多くが相続相談サービスを用意するようになりましたそのため、大阪で税理士の相続相談サービスを利用する人は、今後さらに増えるだろうと予想されています。

生前から相談しておく

税金を支払うのは国民の義務ですが、できることなら支払額を少しでも安くしたいと考えるのはある意味で当然のことです。先程も述べたように、財産の評価方法や遺産分割方法を工夫することで相続税を節税することができますが、被相続人の死亡後にできる節税方法は限られています。自分が一生懸命に築き上げてきた財産を少しでも多く子や孫に残してやりたいと考えているのなら、生きているうちから遺産相続の準備を始めておくのが望ましいです。大阪の税理士の多くが、相続の生前相談にも対応しています。存命中であれば、講じられる節税方法がたくさんあります。ただし、いずれの節税方法も短期間でチャチャッと講じられるようなものではありませんので、時間的な余裕を持って取り組むことが必要です。やり方がまずいと死後にその節税対策の効力を否定されてしまう恐れがありますので、税金のプロである税理士のサポートを受けながら、最善の方法をとることが大切です。