一番信頼できる家族に家族信託を任せよう!

握手

企業経営の安定に役立つ

経理スタッフが確保できない場合やコストを削減したいときには、税理士事務所の記帳代行や経営相談のサービスが役立つでしょう。企業経営を安定させる目的で税理士を活用するケースも多く、資金調達や会計ソフト導入のサポートが評判です。

もしものときに備える方法

レディ

遺言などを使わない方法

自分にもしものことがあったときに残された人たちが困らないようにするための制度はいくつか存在します。また認知症などで適切な判断ができなくなったときに自分の財産が失われないための手段としていくつかの方法が存在します。しかし、法律で定められた遺言や後見制度などでは柔軟な対応が取りにくく、弁護士などに頼めば費用がかかってしまいます。そのため、自分の意思をできる限り反映させやすく費用を抑えた財産管理の方法として編み出されたのが家族信託というものです。信託とは自分の財産を受託者という管理をする人にお願いして、その財産を受益者と呼ばれる人のために使うという制度です。このうち受託者のところを信託銀行などではなく家族や親戚に頼むことを家族信託といいます。信託の内容は契約によって決めることができるため形式が決められている遺言や裁判所に管理される後見制度よりも自らの思いを反映させやすいです。

信託のメリットとは

家族信託という手法はあまり知られたものではありませんが、以前から存在する遺言や後見制度では対応しきれないものや時間がかかる判断を比較的短期間で行うことができます。たとえば遺言の場合、遺言書の形式は厳格に定められているため形式違反があると無効と判断されることがあります。さらに有効なものであっても承継後に多額の相続税が発生し、相続人に余計な後処理をさせてしまう例があります。また後見制度のときではある程度の大きな契約をするときは裁判所の許可を得ないといけない場面が出てくるため手続きが煩雑になってしまいます。その点家族信託であれば形式にとらわれることはなく、裁判所の判断を待つ必要もありません。さらに信託をすると仮に財産の差し押さえをされても信託された財産に関しては債権者も干渉することができなくなるため確実に資産を残すことができます。

女性

相続で損をしたくない

法改正によって相続税の課税控除額が縮小された結果、税理士に相続相談をしたいと望む人が増えました。その要望に応えるために、大阪で営業している税理士事務所の多くが相続相談サービスを用意しています。生きているうちに相談することもできますので、相続税の節税を望んでいる人は税理士事務所に行ってみるとよいです。

ウーマン

借金相談ができる

町田に住んでいて借金問題で苦しんでいる人は、弁護士に相談すれば解決できます。弁護士であれば貸金業者との交渉能力を持っているので、法律事務所に行って依頼が可能です。債務整理の手続きであれば、自己破産や任意整理などの中から選べます。